HOME>ホットトピックス>使用する地鶏は、必ず朝に締めた新鮮なものを使っています

目次

土地の名物料理に舌鼓

スープ

旅行の醍醐味は、その土地の名物です。九州の博多の名物といえば、地鶏を使ったモツ鍋です。九州の博多を訪れる旅行客だけでなく、地元の人にも人気がある料理であるので、もつ鍋を提供するお店は、いつも多くの人で賑わっています。

透き通った出汁

スープ

博多のもつ鍋の特徴は、何と言っても透き通った出汁です。何時間も掛けて丁寧にアクを取った出汁は黄金色に輝いていて、コクとまろやかさを兼ね備えています。野菜や地鶏を入れるとさらに味が引き立ち、なんとも言えない美味しさを醸し出します。

新鮮な地鶏を使っている

スープ

使用する地鶏は朝締めのものを使用しているのでとても新鮮です。もつ鍋の味を左右するのが地鶏と言われていて、各店ともにこだわりの地鶏を使っています。博多のもつ鍋は新鮮さが命です。そのため、必ず朝に締めた地鶏を用いることを徹底しているため、本来であれば刺し身でもいただくことができるほどの新鮮な地鶏を使っていて、美味しさが一味もふた味も異なるのが最大の特徴です。

1人前から注文可能な店

最近では、おひとりさまの利用客向けに1人前からもつ鍋を注文することができる博多の店が増えてきました。今までは2人前からの注文が当たり前でしたが、利用客の声に傾け、1人前でも提供できるようにしています。